内科でこんな医師は要注意

内科を受診しようと思ったとき、病院の良し悪しを決定づける最大の要因となるのはやはり「医師」ですよね。
良い医師に巡り合えれば、自分の健康面で非常に大きな支えとなります。
しかし医師と言う職業に従事する人たちも、患者と同じ人間です。
良い医師もいれば、そうでない医師もいて当然ですよね。

今回は内科を受診する際に「こんな医師は要注意」という医師の特徴を紹介します。
自分が通院する内科の医師が以下の特徴に該当していないか、これから通う内科の医師が以下のような評判ではないか、よく考えてみましょう。

「説明不足な医師」
患者には自分の病状を知り、治療法を選択する権利があります。
しかし医師が病状について詳しく説明してくれないと、治療法の選択ができませんよね。
つまり患者としての権利を医師の説明不足によって行使できないと言うことになります。
病状だけではありません。
内科と言うのは基本的に薬によって疾病を治療する診療科です。
薬の説明も医師はしっかりと行わなければならないのです。
「今あなたはこんな病状だから、こんな効果のある薬を処方しようと思うのだけれど、どうだろうか?」と患者と話し合うスタンスで診療を行う医師でなければ、どんなに人柄が良くても「良い医師である」とは言えないのです。
逆に多少無愛想でも、そのスタンスがしっかりしている医師は良い医師かもしれません。

「高圧的な医師」
これは程度の問題や患者自身との相性の問題もありますが、医師の中には単純に態度が横柄な人も存在しています。
そのような医師だと、患者は自分の意見や症状の説明などをしにくくなってしまいますよね。
診察と言うのはコミュニケーションが非常に重要になります。
コミュニケーションがスムーズに行われないと、良質な診察にならないのです。
そのコミュニケーションの障害になるような態度で患者に接する医師は注意しましょう。

「すぐに薬を処方する医師」
これは「説明不足の医師」にも通じるポイントなのですが、患者に十分な説明をしないまま「とりあえず薬を出しておきますね」で済ませてしまう医師は残念ながら少なくありません。
薬を処方すると収入が得られるから、薬を処方すれば多くの患者は納得するから、と言う安易な理由で、本来であれば必要のない薬を処方する医師も少なくはないのです。

つまり良い医師というのは、真摯な態度で患者に接し、丁寧で十分な説明を患者に行う医師なのです。
このどちらにも該当する医師がいる医療機関を選ぶことがおすすめとなります。